1. 日記
FC2ブログランキング

一日1回、クリックしていただけると嬉しいです。↓

FC2ブログランキング

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

meromero park

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

時の流れるままに・・・
日々感じたこと・考えたことについての日記や、撮影した写真・自作の脚本などを心のおもむくままにUPしていきます。(オンラインゲームの記事も稀にUPします)足跡を残してくださると、管理人が小躍りします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前途多難???
本日は、またもや狂言を見に、有楽町まで行ってきました。
行きは良かったのですが、帰りが大変でした。

公演が終わって、会場から出たわけですが、
隣にあった映画館の終了時間にかぶったらしく、人がいっぱいでした。
エレベーターが何台か設置されていたのですが、どれも長い人の列が・・・。
階段とかで降りれないかと思い、とりあえず、ひとつ下の階に下ってみました。

ところが・・・その下につながっている階段はなく、
エスカレーターは(下の階の閉店時間がすぎていたらしく)縄がかけられていて、使えない状態・・・。
そこでやっと、下の階への移動手段がエレベーターしかないことを知りました。
人の列は相変わらずです。
とりあえず並んで待つことに・・・。
しかし・・・肝心なエレベーターの方は・・・

・・・・・・・・・・
通過・・・
通過・・・・・・
またもや通過・・・・・・・・・

ちゃんとボタンはおされてるのに、一向にとまる気配のないエレベーター。
それからしばらくして、ようやくとまりましたよ。
それから下の階へ・・・。

少しおなかがすいたなと、あたりを見回していると、
「マクドナルド」の看板を発見。
とにかく看板の位置に行ってみることに・・・
ところが・・・・

さっきまで見えていた看板が見当たらない・・・。

どこかで反射してうつっていたのかと思い、付近を探索・・・。
しかし見つからない・・・
いまだにこれはよくわからないのですが、
マクドナルドの看板が見えていたあたりに、
定期的に画面が切り替わる、宣伝板があったので、
おそらくそれにでていたのかな???
・・・結局場所がわからなかったので、マックはあきらめました。

そして極めつけはこれです。

070131_215440_M.jpg


ホームの電光掲示板の表示に「抑止」の2文字・・・。
なんだろうと思いつつも、駅に待機している電車に乗りました。
「普通はとまってるはずがないのに、何か変だな・・・。」と思いつつ・・・。
するとアナウンスが・・・
「車両事故のため、現在、運転を見合わせております。
品川方面へお急ぎの方は隣の電車をご利用ください。」

なんですと~~~!!??


「抑止」の2文字の原因はこれだったのか・・・・。
仕方がないので、隣の電車に乗り換えました。
しかし、その直後、運転を見合わせていた電車は動き出しました。
もちろん動きだした電車はガラガラ・・・私の乗っている電車は人がいっぱい・・・。

こんなに事が重なるのも珍しい気がするなぁ~。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーサイト
レポート
(※記事に加筆しました。)
本日はレポートを作成していました。
映像の分析をして書くタイプのものなのですが、これがなかなか難しいのです。
何を書こうかと考えたときに、
ルーニー・テューンズシリーズの「ロードランナー」が出てきたので、

それについて書きました。

この「ロードランナー」は、
コヨーテとロードランナー(と呼ばれる鳥)が、追いかけっこをしている作品で、
ギャグテイストが強いんですよ。
コヨーテがなんとかしてロードランナーを捕まえて食べようとして、
いろいろ作戦をたてるのですが、ことごとく空回りしてしまいます。
一定のパターンがあって、その繰り返しなんですが、とにかく面白いです。

レポートについては、アニメだと、若干評価が厳しくなるらしいのですが、
やっぱりレポートは好きな作品について書きたいのですよ。
だから、評価が厳しくなる(=成績が落ちる可能性がある)のを承知で書きました。
短いアニメなだけに、画面を隅々までみないと、分析できないんですよ。
もう、何度も何度も作品を見直しました。
それでも飽きなかったから不思議です。
おかげで頭の中を、コヨーテとロードランナーが駆け回っています。

とりあえずレポートは完成しました。
よかったです。

今日は夢にもでてきそうだなぁ~。

それでは今日はこの辺で。

これはもしや・・・
本日は漢文の試験がありましたよ~。
いや、もうね、返り点と漢字だけで、読みとか出るみたいなので、
それの対策で、自分で返り点と漢字だけのプリントをつくったんですよ。
それで読んでみるんだけど、読みが難しかったりして、
スムーズに行かなかったんですよ。
それで、正直どうなることかと思ったのですが、思いのほか欄がうまりました^^
それに問題も(あっているかはさておき)自然に解けた感じです。
気持ちよく解けたので、ちょっと不思議な感じがしました。

そして思った!!
もしやこれは孔明のおかげでは??
実はですね、私の携帯の待ち受け画面は、三國無双の「諸葛亮孔明」なのですよ

テストの前には
「孔明、頼むよ。」
とかいって、携帯の待ち受けを見てから学校に行ってたりしました。
もちろん試験の前も見ていました。
(何をしているんだろう?)
だから余計にそんな風に思ったり・・・。

ありがとう。孔明。

さて、話は変わりますが、つい最近、中古屋さんで、
「三国志戦記」という(PS2の)ソフトを買ったのですよ。
それで次の日に、やってみようと思ってソフトを入れたら、
「ディスクの読み込みに失敗しました。」の表示。

えぇぇ~~~!!

もしや本体が故障した??
慌てて違うディスクを読み込ませてみました。

・・・・・・・・・・・・・

どうやらちゃんと読み込むようです。
ということはソフトに原因がある??

それで、その中古屋さんに行く前にいろいろ検索かけてみたりしたんですけどね。
良い答えが見つからなくて・・・行くにも恐る恐るですよ。
何が原因か、まるっきしわからなかったのです・・・。

だけど、今日、領収書をもって、その中古屋さんに行ってきました。
結果は・・・やはりディスクのほうに問題があったようです。
ソフトを取り替えてくれました^^
家に帰ってから、読み込ませてみたら、今度は大丈夫でした。

なんか、裏面に小さなブツブツみたいのがあると、読み込まなくなるそうです。

あにはともあれ良かったです。
いやぁ~・・・あの時はびっくりしましたよ。

それでは今日はこの辺で。

『星の丘~追憶~』
微かに月が笑っている 
人知れぬ星の丘

数々の星たちが 
そっと地上を見つめている

不意に香る 穏やかな空
風が 花々を運んでいた
それは まるで自由な鳥
ひらひらと 澄んだ夜空に舞いあがる

僕はそっと空を見上げた
彩られた丘 優しい香り

そう それは君のようで
ただ いとおしかった

君が望むのなら 君に捧げよう
この丘も 僕のこの情熱も・・・

もう 君はいないけれど・・・

追憶の果て 君はいつも笑っている
追憶の夢 君はいつも幸せそうで・・・

記憶の糸 辿る指先
ただひとり そっと

[READ MORE...]
本当にC.Cレモンだった!!
本日は、美輪明宏さんの音楽会を見に、「C.Cレモンホール」に行ってきました。

本当に「C.Cレモン」ですねw
入り口の上のところに、まず「C.Cレモン」のレモンの看板(?)がついていて・・・
(それもけっこうな大きさの・・・)
売店も「C.Cレモン」でした。
店員さんのかぶっている帽子も「C.Cレモン」・・・
売店の壁に貼ってあるのも「C.Cレモン」・・・
もちろん飲み物のメニューには「C.Cレモン」が入っています。
「C.Cレモン」・・・ついつい飲んできちゃいました。
久々に飲んだなぁ~・・・。

今回は、急いでいたために、外の写真は撮れなかったです。
そこが残念でした。

さてと・・・
音楽会の感想をば・・・。

美輪明宏さんは、とにかく感情表現が素晴らしいと思いました。
歌っている言葉の一つ一つから、「悲しい」とか「悔しい」とか、
そういう感情がちゃんと伝わってくるんですよ。
あとは歌の振り付けですね。
振り付けもすごく綺麗なんですよ。
動きにメリハリがあって、よりいっそう、歌の感情が伝わってきました。
表現の豊かさには本当に驚きました。
歌を聴きながら、ひとつの演劇を見ている気分でした。
というのは、美輪さん自身が、その歌の主人公そのものに見えてくるからです。
動きも、しぐさも、それぞれ違っているのです。
言葉にするのは、なかなか難しいのですが、
美輪さん自身が、歌の中で生きているような感じがしたのです。
簡単にいうのならば「一体感」というものだろうか?
うまい具合にシンクロして見えるんですよ。

私なんて、まだまだだなと思いました。
自分自身の演技も磨いていかないといけないです。
登場人物の感情が、ラジオドラマとかでもうまく表現できたらいいなぁ~・・・
なんて・・・。

本当に、美輪さんの、あの感情表現としぐさとで、
いつの間にか引き込まれている自分がいました。

舞台のセットや照明も、かなり工夫が凝らされていて、
歌ごとにガラっとセットの雰囲気が変わったりしました。
さすがにあれには驚きました。

今日は、いい勉強ができたかな??

それでは今日はこの辺で。
レッドストーンのビーストテイマー(サマナー)
本日は「レッドストーン」のキャラクター紹介です。

お友達と一緒に撮影しました。

そして・・・一筋縄にはいかない召喚獣・・・そしてペット・・・。

『集合写真がとりたいテイマー・・・しかし、彼らは一向に言うことを聞かないのだった・・・。』
[READ MORE...]
ひとり寂しいアイシクル
トリスタネタ行きます。
スクリーンショットをみていたら、11月のイベントの写真が出てきました。
サンタ救出大作戦」の時のやつですね。

今回はスクリーンショットで遊びますよ~^^

さて『サンタを助けようと、モンスターの巣窟(?)に乗り込んだドラゴンさん。
そこで見たものは・・・?』
[READ MORE...]
新春名作狂言の会
見に行ってきました。

今回は2本の狂言が見れました。

ひとつは茂山千作さん、茂山千三郎さん、茂山千五郎さんによる
「素襖落(すおうおとし)」です。
今回は、太郎冠者役に千作さん、主人役に千三郎さん、伯父役に千五郎さんでした。
千作さん演じる太郎冠者は、お酒をいっぱいのんで、
酔っ払ってしまうのですが、その動作や言葉遣いに関心しました。
表現の仕方がとてもうまかったです。

もうひとつは野村万作さん、野村萬斎さん、石田幸雄さん、深田博治さんによる
「二人袴(ふたりばかま)」でした。
今回は、(聟の)親役に万作さん、聟役に萬斎さん、
舅役に石田さん、太郎冠者役に深田さんでした。
万作さん親子は、さすがに息がぴったりでした。
舞や動作なども、綺麗に動きがそろってました。
萬斎さんは、この聟の役を、小さい頃から演じられて、
今日に至るまで、いろいろと工夫を凝らしていたようです。
今までで、「二人袴」は3回ぐらい見ているのですが、
役者によって、雰囲気が変わるので、何度見ても楽しめる感じです。
そして、舅役の石田さんは、今回で2回目なのですが、
本当に見れば見るほど、ハマリ役だと思います。
石田さんの優しげな雰囲気が、ちょうど舅にあってる感じがします。

また今回の茂山家と、野村家を見ての感想ですが、
同じ言い回しがあっても、若干言葉が違っていたりして、
その辺が妙に新鮮でした。

生の舞台は、本当に1回きりだから良いのです。
たとえ同じキャスティングで、再度同じものを行ったとしても、
絶対同じものはできません。
動きとか、言い回しに違いが出てくるからです。
数ある公演の中のひとつひとつが、世界でひとつだけの公演なのだと思う今日この頃・・・。

それでは今日はこの辺で。


お気に入りの場所
寒い冬には、ほかほかのマットが必須!!

070123_184958.jpg


みんなといれば寒くない!!!

というようなことで、ここ何日かは、
うちの猫たちは、皆で寄り添って寒い冬をすごしています。
箱詰めならぬマット詰め???
うまい具合に4匹のっかっているんですよね。
かといって仲が良いかというと、その辺は微妙です。
時々ね、喧嘩するんですよ。
「ネコパンチ」が炸裂してたりします。

下の、キリンみたいな模様のマットは、
「ハーフ」(手前で正面を向いている、毛の長い猫)が好きみたいで、
ほしてあったのを、母が家に入れたとたんに、視線がマットへ・・・。

そして私が聞いてみる。
「ハーフ、これ、つけて欲しいの??」
「ニャー!!」
返事をしました。

仕方ないので、すぐにつけてやると、早速マットの上へ・・・。
「ちょっと!!まだ固定してないからおちちゃうよ!!」
案の定落ちかけるハーフ・・・。
それでも爪で、なんとか登りきりました。
「しょうがないなぁ~・・・。」
固定してから、ハーフの方に視線をやると、
満足そうな顔をして、マットの上にへばってました。
「ああ・・・これがお気に入りだったんだね。」

レトロゲームって・・・
つい最近思ったことなのですが、
次から次へと、新しい家庭用ゲーム機が出る中、
いつかは「PS2」もレトロゲームの部類に入ってしまうのでしょうか?
(個人的に「PS」はもうレトロゲームの部類に入りかけている気がする・・・。)

「ファミコン」とか「スーパーファミコン」・「メガドライブ」・「ニンテンドウ64」等は、
一昔前はけっこう流行っていたのに、気がつくともう「レトロゲーム」の部類に。
まぁ・・・10年ぐらいたつからなぁ~。

だから、「PS2」とかも、あと10年ぐらいたったら、
レトロゲームに入ってしまうのかな?なんて思ったわけです。
その頃には「PS3」とか「ニンテンドウWii」とか、
「次世代ゲーム機」って言われてるものすらも古くなっているかもしれませんね。

そもそもレトロゲームの分類って何が基準になってるのかな??
「ソフト」が出なくなったら、もうレトロゲームに入ってしまうのかな??
そんなことを考えてみたりw

以前に「テレビゲームとデジタル科学」っていう特別展(国立科学博物館)を
見に行ったのですが、時代が進むにつれて、ゲーム機もだいぶ形を変えてくるんですよ。
グラフィックもだんだんクオリティがあがってていって・・・。
機体の大きさも小さくなってくるわけですよ。
なんとうか・・・転換が面白いんですよ。
今も、「ゲーム機」ってすごい勢いで変化していきますよね。
だから余計に「レトロゲーム」ってのが気になるのです。

気がつけば、私の生活の傍らには、いつもゲーム機があった気がする。
あの頃はスーパーファミコン版「ぷよぷよ」でよく対戦していてよなぁ・・・。
なんてしみじみ思い出してみたり。

小さい頃は2人プレイとかできるやつをよくやっていたけど、
今は1人プレイがほとんどかな・・・。

ゲームって、ある意味「アトラクション」に近いものがある気がするなぁ~。

それでは今日はこの辺で。

『あの春風の中』
あの春風の中
ふたり 歩いていた
どこへだっていけるよ
・・・君がいるから
怖いものはなにもないんだ
そう 君がいるから

君は 例えるのなら 花だろうか?
いつも可憐に咲き誇り 
この僕さえも魅了する

君の視線 どこか嬉しくて
君の姿  いつも探し求めていた

春の 淡い思い出
君とふたり この道を歩いたね
僕はただ いとおしくて
じっと君を見つめていた

君は優しく微笑んで
僕の手をそっと握る

そう 君と二人なら
そう この幸せが永久(とわ)ならば
僕は何でもできるよ

君のために 歌を贈るよ
僕の・・・唯一の愛しい人

[READ MORE...]
意外と・・・。
本日は、私の地方に「あられ」が降りました^^
(すぐにやんでしまったけど・・・。)
なんだかちょっと嬉しかったです。

前置きはこのぐらいにしといて、本題に入りましょう。
今日は朝に、山登りにいってきましたよ。
山登りといっても、ただの山登りじゃないんですよw

「自然を守る会」の一環で、「堰」と呼ばれるところを下から上へ登ってみて、
最終的に、どのあたりに出るか調べる活動だったのです。
(「登り隊」という名前らしい。)

[READ MORE...]
真・三國無双
先日、久々に「コーエー」さんの「真・三國無双3」をやってみました。

三国志時代が舞台なのですが・・・
いやぁ~・・・やっぱり面白いですね。
ドラマがあっていいです。
操作とかはいたってシンプルなんですけどね。
なんか、話に引き込まれていくんですよ。

「真・三國無双」シリーズは、前々から気になっていた作品だったのです。
とあるときに、中古屋さんで「真・三國無双」が安く売ってるのを見つけたんです。

それで、購入して、家に帰ってプレイしてみたんですよ。
そしたら面白くて・・・。

それからはズルズルとシリーズを買いあさりました。

今現在家にあるのは、

PS2版
・真・三國無双
・真・三國無双2
・真・三國無双2 猛将伝
・真・三國無双3
・真・三國無双3 猛将伝
・真・三國無双3 Empires
・真・三國無双4
・真・三國無双4 猛将伝
・真・三国無双4 Empires

PSP版
・真・三國無双
です。
PSP版の「2」は、高いのでまだ買ってなかったりしますが、
そのうち購入予定・・・。

ていうか、ありすぎですね(汗
買い集めてたらこんなことに・・・。

[READ MORE...]
つれづれ・・・
本日は「野村狂言座」を見に行ってきました。

特に印象に残ったのは・・・
「大般若」 僧役の野村万之介さんのリアクションですかね。
       あの方の独特の雰囲気も手伝って、味が出ている感じです。
       妙に人間味があって良いです。ついつい微笑みたくなります。

「文蔵」  主人役の野村萬斎さんの途中からの「源平衰退記」の語りです。
       語っているうちにだんだんあつくなってきて、
       ついには動きも入ってくるのですが・・・
       構えがすごくかっこいいのです。
       動きにもメリハリがあって、ピシッと決まるので、
       それだけでも引き込まれました。
       個人的には、刀の構えと、弓の構えが忘れられません。

「六地蔵」 個人的にはこれが今回の中で一番好きです。
       これは、とあるすっぱ(人をだます人)が、
       とある「六地蔵」を探している田舎者をだまそうとして、
       仲間を3人集め、それぞれに地蔵の真似をするよういうのですが・・・。
       地蔵は6体、人は3人で、それぞれが2つの地蔵の役目を負うことになります。
       それが災いして、3人は短時間で場所を移動して、
       地蔵の真似をしなくてはならなくなるのですが・・・。
       最初はちゃんとポーズがとれていても、
       何度も何度も行ったりきたりすると、いろいろと混乱が生じてくるわけで、
       それぞれの持ち物も変わってしまい、
       しまいにはポーズまで取れなくなって、ついに田舎者にばれてしまいます。
       この「ポーズ」が、最高に面白いのです。
       体が少し斜めになった状態で、ポーズをとっていたり・・・
       錫杖を構えた状態でポーズをとったり・・・
       果てには布を上に掲げた状態でポーズをとっていたり・・・。
       もう、笑いなしでは見られなかったです。

私は今まで見た野村家の狂言の中で、「茸(くさびら)」という、
キノコのお化けが出てくる話がすきなのですが・・・
(山伏がお経を唱えると、最初は1匹だったキノコが、次から次へと出てきて、
最終的には舞台のほとんどが、キノコで埋め尽くされます。
キノコは、いろいろな色をしたかぶりものに加え、お面の種類も豊富で、
さらには「姫タケ」と呼ばれるキノコも出てきて、これも笑いなしでは見られないものでした。)
今回の「六地蔵」は、自分の中では「茸」と並ぶくらい好きです。

心から笑えるような作品をありがとう。
狂言の笑いは、ほのぼのしてていいですね。
また、笑いのネタが、本当に絶妙なのですよ。
本当に「古き良き・・・」という感じです。

長くなりました。
それでは今日はこの辺で・・・。
サントラ
いよいよ明日から試験期間に入ります。

ついにこの日が来てしまった・・・・。

テスト勉強をしなくてはいけないわけですが・・・
そんなときの息抜きに欠かせないのが、ゲームのサウンドトラック。
聴くのが大好きなんです。
歌が入っているものよりも、音楽だけ流れてるほうが好みです。
バックに細かい音が入っていたりすると、なおさら良いw

そこで、今日は、私の好きなゲームのサントラの一部を紹介します。

それではどうぞ。
[READ MORE...]
『ひとり』
あの日 僕は追いかけた
そう あの場所で・・・
僕は ささやかな夢を見る

その日 僕は考えた
そう この場所で・・・
僕は 小さな闇を見た

僕は何のためにいるのだろうか?
どこか 突き放された感じがした
ずっと考えていた あの日から
ずっと後悔していた それなのに・・・

僕にその資格がないと知ったとき
悲しみがこみ上げた
そう 逃げているから・・・
そう 避けているから・・・

僕はそっと空を見る
置き去りにされた夢があった

迷い 戸惑い 希望 夢

置き去りにされた心があった

[READ MORE...]
オンラインゲーム
友に誘われて、「レッドストーン」というMMOをはじめました。

メインのキャラの名前はやっぱり「御神楽樹林」で
職業は「ビーストテイマー」&「サマナー」です。
モンスターをペットにできたり、召喚獣を召喚したりできます。
容量が少ないので、グラフィックは荒いですが、それでも十分楽しめます。

普段、私がゲームなどでキャラクターをつくるときは、
男でつくることがほとんどなのですが、
今回は、モンスターをペットにできる・召喚獣を召喚できるということで、
珍しく女性キャラですよ・・・。
走り方が微妙なんだけど・・・・まぁ・・・いいとして・・・・。

モンスターとかを仲間にできて、一緒に冒険できるタイプのはけっこう好きなんです。
愛着もわいてくるし・・・。
もともとモンスターとか好きな人なんで、たまらないというか・・・。
好みのモンスターを連れ歩きたいな・・・。

さてさて、メインは「トリスタ」ですが、
今度からは「レッドストーン」の記事もUPしていこうと思います。

それでは今日はこの辺で。

写真を撮られるのは嫌いらしい。
2日に渡り紹介してきた家の猫も、今回で全員ですよ^^
(写真がぼやけてしまっていてごめんなさい。)
左端のが「レオニ」で、正面を向いている子が「クーニ」です。
一番後ろいるのは、「クー」です。

070114_214633.jpg


「レオニ」は、「ゴロゴロ」と喉を鳴らすことにかけては、誰にも負けません。
近寄るだけで、喉を鳴らすこともあります^^
やっぱり甘えん坊な性格で、頭をなでてやると、さらに「ゴロゴロ」がパワーアップします。

「クーニ」はどちらかというと臆病な性格で、昔はおどおどしていたのですが、
とある出来事をきっかけに、なつっこくなりました。
今も多少おどおどしていたりするんですけどね^^
首の下の白い毛がトレードマーク(?)です。

「レオニ」「クーニ」は、それぞれ「クー」の子どもです。

それぞれの名前の由来とかはまたの機会にしましょうかね・・・。
そのうち、1匹ずつの写真を撮るかもしれないです。
(猫の写真は、うまく撮るのが難しい・・・。
動いちゃうからなぁ~・・・。精進したいなぁ~・・・。)

それでは今日はこの辺で。

まったり・・・
昨日に引き続き、今回も猫の紹介行きます^^

左が「クー」で、右が「ハーフ」です。↓
(あと2匹いますが、またの機会にw)

070113_203241.jpg


両方ともメスです。

左の「クー」とは、もう10年以上のお付き合いです。
今までの人生の半分以上は、彼女と一緒にいます。
なでられるのが好きらしく、すぐによってきては顔をこすり付けてきます。
彼女には逸話があって、
昨日紹介した、「ちびたま」が、ゴロゴロと喉を鳴らしていた頃、
何気なく「おまえたちもゴロゴロいってくれたらいいのになぁ~。」
みたいなことを言ったとき、どうやらちゃんと話を聴いていたらしく、
今まではゴロゴロいわなかった彼女が、いつのまにかゴロゴロいうようになってました。
これにはさすがにびっくりしました。
私がトイレの掃除などをするときには、いつも傍らにいて、
なでてもらえるのを待っています。

右の「ハーフ」は、まさに甘えん坊で、
コロコロしては、自身をアピールします。
たとえエサが器に盛られて、ほかの子たちが、ご飯にありついていてもお構いなし・・・。
とにかくコロコロが大好きで、なつっこい子です。
また、「ハーフ」は、左の「クー」の子供でもあります。

なんだかんだ言ってもやっぱりかわいい
ついつい頭をなでてやりたくなります。

それでは今日はこの辺でw

家の猫・・・
我が家の猫 「ちびたま」↓
(このほかにも4匹いるのですが、それはまたの機会に・・・)

070112_224030.jpg


今は「さかり」に入っています。
この子は女の子なので、男の子を見ると、「ニャーニャー」ないて、
自分をアピールします。深夜でも騒いでいます。
近所迷惑になっていないかと、少し不安な日々です。

彼女は、前の家に住んでいたときに、母の務め先にいた、野良猫です。
ちょっとした出来事があり、1日預かることになったのですが、
その頃は両手に乗れる程度の大きさの子猫でした。
(今は成長して、大きくなりましたが^^)
とにかくかわいくてたまらなかったので、そのまま我が家の猫になりました。
あの頃はよく喉を鳴らしながら、ひざの上で寝ていたのですが、
今は私を見ると手を出してきて、触ることすら困難になりました。
かといって怒るとかそういうわけではなくて、単に遊びたいだけのようです。
彼女にとって私は「遊び道具」なのだろうか・・・??

かわいいんですけどね^^
かわいいんだけど・・・たまには頭をなでたいな・・・。


解体新書
本日は、野村萬斎さんの解体新書を見に行きました。
物学(ものまね)についての話で、ゲストは物まねのコロッケさんと、
ロボットの研究をされている、池内克史さんでした。
いろいろと参考になることが聞けました。

例えば、踊りをするロボットの研究について、いくつかのレパートリーをもたせたりするが、
それは、演じることにも通じているのではないかという話があったり…。
確かにそれはあると思いました。
私なんかも、部活のラジオドラマの収録の時は、
「こんなふうにして」と言われたものに対し、
自分の経験の中から引き出しているような感覚があったような気がします。
自分のレパートリーを増やすには、演劇とかを見ると効果的かもしれないです。
他の役者さんから学ぶようなことも多くあるように思います。

今回は、歌についての話もありました。
人によって「引く声」と、「押す声」があるとのことで、
自分の顔を中心にすると感覚が掴みやすいそうです。
引く声、押す声は、「能」の流派によっても見られるそうです。

また、コロッケさんいわく、
「動物の物まねをする場合は、
家族構成を考えると掴みやすいそうです。
例えば、想像の中では、猪は、うり坊を守ろうとして突進してくるが、
首がないように見えるから、体と顔は同時に動く。
また、目は横についているため、走る時は、顔が斜めだ。」というような感じらしいです。

また、鶏の物まねも、会場の皆に伝授してくれました。
「鶏は、自分がいつ食べられるかわからない状態で生きているから、挙動不振。
また、首は前に突き出していて、顔で「く」の字を描く感じで、
それを速くやると鶏の頭の動き。
また、足が地面に着くと同時に頭を動かす。」らしいです。
物まねには、ものの細やかな観察が必要になるようです。

この他にも、いろいろと興味深いものが聞けました。

また、コロッケさんについては、
自身の仕事に対する情熱や、心から楽しんでいる気持ちが伝わってきて、
すばらしいなと思いました。

今日学んだことを、自分の演技に生かしたいと思います。

ながくなりました。

それでは今日はこの辺で…。

試験やらレポートやら・・・
期末テストが始まってきましたよ~。
(本来ならば、まだテスト期間ではないのですが、
 先生によって、試験前の授業でテストを行ったりするのです。)
そして、試験が始まる=レポートに手をつけなきゃいけない・・・。
テストがくるとね、レポート提出日なんてすぐだからね。

レポートは書くのに時間がかかる&根気がいる・・・。
明日提出のレポート、まだ完成してません。

なので、今日はそのレポートを完成させなければなりません。
どれくらいまでかかるかなぁ~・・・。

それにしてもレポートって書くの難しいなぁ・・・。
その分、こったこともできるんだけどね。
資料の示し方とか、まとめ方とか・・・
その辺が難しいかな・・・。
言葉の表現もなかなか曲者だよなぁ~。

それでも、いろいろ考えたりしたことが整理できたりするから、
レポートを書き終わったあとは、結構すっきりしていたりします。

書くの自体は嫌いじゃないんですけどね。
書き始めて、勢いに乗ってしまえば、スラスラいくんですけどね。
勢いに乗るまでがなぁ~・・・。

とにかく気合だ!!!
頑張るぞ!!

それでは今日はこの辺で・・・。

最近は寒い日ばっかりだな・・・。
寒さが厳しくなってきましたね。

なんか、少し前までは「暑い」と思っていたら、
いつの間にか「寒く」なってるよ・・・。

相変わらず太陽の光がきついですけれどね・・・。

なんか、冬なんだなぁ~・・・ってつくづく感じます。

こうも寒いと、雪が降らないかと、期待してしまう自分がいます。
雪って、冷たいですけれど、綺麗ですよね。
白い空から静かに降ってくる雪って、すごくすきなのです。
なんか、神秘的でよいww

でも、私の地域はめったに雪は降りません。
たいてい雨になってしまって、せっかくうっすらと雪が積もっても解けてしまうのです。

私は、雪が降ると、必ず外に出て、その雪を眺めます。
ふと立ち止まって空を見上げると、ひらひらと降る雪が見えます。
その瞬間が好きだな・・・。
見てると、不思議な気持ちがするのです。

しかし、雪も降りすぎると「災害」になりかねません。
その辺が難しいところですね。

日本の気候は様々で、雪は、時に人々に求められ、時に人々を襲う刃となる。

果たしてそれは嘆きか悲しみか・・・。
雷は「神様の怒り」だとか、今でもそういう話は見かけることがありますが、
そう思う気持ちもわからなくはないかな・・・。


それでは今日はこの辺で・・・。

通称「ギャラリー」
私の机のすぐ隣に、こんなコーナーがあります。↓

070108_221756.jpg


ハロウィンモード全開ですねぇ~^^
(もうハロウィンは過ぎていますが、そんなことは気にしません!)
これ、あれなのですよ。
私の母が作ってくれました。
「これで癒されるだろうから、ちゃんと勉強して。」とのことでした。
・・・試験が・・・近いな・・・。

それにしても・・・かわいいですねw
個人的にはかなり気に入ってます。

なんか、後ろのほうに、
SDガンダムの「ストライクノワール」の箱がありますね・・・。
これね、箱の中に、組み立てた「ストライクノワール」が入っています。

これ、あれなのですよ・・・。
左上の端のほうにはスーパーロボット大戦の
「ヒュッケバインマークⅡ」みたいなのが、のってたりします。

なんというか・・・はい・・・。
この写真、細かいところを見てみると、何かしら発見があるかも・・・。

そんなこんなですけれども・・・
「癒される」空間は大切ですよね。
私の場合は、自然(川のせせらぎ・鳥の鳴き声等)とか、
こういう置物だったりするのですけれどね・・・。

なんか、考えてみると、家族には、(特に母には)すごく支えられている気がするなぁ~。
なんか、いるのが「当たり前」に感じちゃったりするわけですが・・・
実は当たり前ではないんだよなぁ・・・。
今のこの生活も、永遠には続かない・・・。
この生活に変化が訪れたとき、私はどうするのだろう?

それでは今日はこの辺で・・・。

道のりは厳しいなぁ~・・・。
久々にトリスタネタです。

ここで、私のメインの龍に登場してもらいましょうw

screenshot0029.jpg


※ここからは、インタビュー形式でお送りします。

-昨日はイベントのクエストを進めるために、アイスダンジョンに行ってきたそうですね。

龍「ああ。そうだな。」

-やはり大変でしたか?

龍「・・・正直、今の私には、はやすぎる場所だ。
  中には、魔法の効かない敵もいたからな。」

-そうでしたか。大変でしたね。
 しかし、今回は、オディニアの間まで行かなければならないのですよね?

龍「そこが問題なのだ。
  無事にあの場所にたどり着けるか、正直わからなかったからな。
  あまりにも敵の数が多すぎて、ただ逃げることしかできない。
  ・・・ただ、にげてもダメージは受けてしまう・・・。
  だから、リカバリーが必須になるんだ・・・。」

-敵の数はどれくらいいたのですか?

龍「さぁな・・・。
  逃げるのに精一杯で、数えることはできなかった。
  だが、少なくとも5匹以上はいたと思うぞ。
  四方八方を敵にふさがれていたからな・・・。
  おまけに相手は、ジャイアントクレームだ。
  今の私では、1のダメージを与えることすらかなわない相手なのだ。」

-よく生き延びることができましたね。

龍「そうだな。幸運にも、敵の攻撃はあまり当たらなかったからな・・・。
  それが救いになったというべきか・・・。」

-まだクエストのほうは残っているのですよね?

龍「ああ。あと少しなんだがな・・・。
  氷鏡の破片を発掘しなければいけないんだ。
  ・・・それも・・・敵の多くいる場所でな・・・。」

-・・・そうですか・・・。
 でも、あと少しなんですよね??
 頑張ってくださいね。

龍「そうだな。もうすぐ終わる・・・。
  とにかく、今は、全力を尽くすのみだ。」

-応援しています!
 本日はありがとうございました!!




今回のイベントクエストは、正直、私の龍にはきついです。
現在、彼のレベルは132なのですが、HPが少ないこともあって、
いつ気絶するかと、ドキドキの連続でした。
心臓に悪いよ・・・。本当に・・・。

それでは今日はこの辺で・・・。

定例会&新年会
本日は、「自然を守る会」の定例会と、新年会でした。

人生の先輩が多い会なので、話とかを聴いていると、けっこう勉強になります。
すごくいい話が聴けたりするのですよ^^

自分も自然のことについて、勉強しなければいけないと思いました。
あまりにも無知なもので・・・。
なんか恥ずかしくなってきました。
向学心がうずきました。
この勢いにのって、いろいろなことが学べたらいいかな・・・。

今月の活動としては、草刈に行ったりするみたいですねぇ~^^
草刈が楽しみだw

なんか、自分ができることをすこしずつやっていくのっていいですよね。
これは、ほかのことにも共通するかな・・・。
大きなことをするときは、日々の積み重ねが大事ですね。
まさに「ちりも積もれば山となる」状態ですね。
しかし、その積み重ねができていないのが、今の私の現状だったり・・・。

会の人も、それぞれ「目指すもの」「やりたいこと」を掲げてるのです。
そういうのってすごいことですよね。
自分の「目指したいもの」「やりたいこと」をしっかり持つということは、
簡単そうに見えて、実は難しい気がします。

私の場合は、日々「精進」とか言ってる割には怠け心が・・・。

それでは今日はこの辺で・・・。

部屋の片付け中に見つけたもの
今日は、部屋の片付けをしています。(現在進行形)
なんかもう、物が多すぎて、収納スペースが皆無に等しいです。
物が捨てられない性質なので、なんか、どうでもいいようなものまでとってあったりします。
今回は思い切って捨てているんですけどね・・・。
一向に減る気配がありません・・・。
もうどうしようもありません。

さてと・・・本日は久々にイラストでもUPしましょうかね・・・。
[READ MORE...]
やってしまった&みつけてしまった。
あのですね・・・・ここ2日ほどにわたってUPしてきた石鹸ですが・・・。

私の不注意で見事に毛(?)がはげてしまいました。
(持ったときに石鹸が滑って、見事に落下したのです・・・。
床までは行かなかったけど、私がとっさに受け止めた関係で、
触ったとこだけ綺麗にはげました・・・。)

070104_205717.jpg


猪の石鹸の成長を楽しみにしていた皆様・・・
ごめんなさい。
本当に申し訳ないです。

この子のUPは今日で最後になるかもしれないですね。
本当にごめんなさい。

だけど、昨日よりモサモサしているのが写真でも良くわかります。
これだけわかるような変化をするのは、やっぱりすごいですね。

・・・気をとりなおして・・・
本日は上野まで「ミイラ」の特別展をみにいってきました。
帰りに秋葉原によったのですが、
そこで特価で見つけてしまったもの↓

070104_205824.jpg


これね、「メガドライブ」時代のソフトなのですが・・・。
「トージャム&アール」ってソフトなんです。
小さい頃に、母や弟と一緒に遊んでいたのですよ。
これは、個人的にかなり大好きな作品なんですよ。

ランダムでつくられるマップの中を、
「宇宙船の部品」を探して歩き回るゲームです。

なんか敵キャラとか、すごく個性的です。
なんともいえない独特な雰囲気があって、ギャグテイストな感じなのですよ。
難易度も結構高いんですけど、ついついはまってしまっていた記憶があります。

小さい頃は、メガドライブのソフトに結構はまっていたのですよ。

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」とか、
「エコー・ザ・ドルフィン」とか・・・・・・。

前者は、ステージが面白くてやってました。
スピード感があってよいのですよ。
後者は、映像が綺麗だったのと、イルカがかわいいのとで好きでした。

両者とも難易度は高いんじゃないかなぁ~・・・。

レトロゲームは、ふとした瞬間に、やりたい衝動に駆られます。
それはそれで、不思議なことですよね。
もしかしたら、小さい頃にやった思い入れが「やりたい」衝動を感じさせるのかもしれない。

それでは今日はこの辺で・・・。

時が過ぎるのは本当にはやいですね。
今日の猪の石鹸↓

070103_202256.jpg


ちょっとわかりにくいですが、全身に、細かい毛(?)がはえました。
体の色が白くなったよ・・・。
はえるのが早いです。
これ、手で触ったりすると、
その部分は、はえないで終わっちゃうらしいのですよ・・・。
どういう仕組みになってるのか気になります。

やっぱり今日も写っている恐竜君・・・。
今日は正面に向いていますねw

さてと・・・
年が明けてから3日目が、もう終わろうとしていますね。
なんか、たいしたことしてないのに、気がつくと夜なんですよね。
不思議、不思議・・・。
なんか、1日を無駄に過ごしてしまっている気がするなぁ~・・・。

考えてみると、1日という概念があって、
その中で、「朝」とか「夕方」とか「夜」とかがあって、
太陽が出たり沈んだりっていうのも不思議だなぁ~。

なんか、ふとした瞬間に、
この世界の自然の偉大さを実感したりします。

なんか、私たちにとっては、あたりまえに感じることだけど・・・
世界は不思議で満ち溢れている気がするなぁ・・・。

それでは今日はこの辺で。

猪の石鹸
これ、石鹸なんですけど、なんか置いておくと、
毛(?)がはえて、モサモサになるらしいです。

070102_201506.jpg


これは今日だしたばっかりなんですよw
最終的にはどんなになるのだろうか??
ちょっと楽しみです。
これから何日か、この子の様子を(戯言も交えながら)UPしていこうと思います。

さてと、猪の石鹸の後ろに、なんかいますね^^
恐竜の置き物なんですけどね・・・。
首が揺れるようになってるんです。
なんか、石鹸よりも目だっている気がする・・・。

年が明けて、2日目ですが、私自身はけっこうのんびりやっています。
むしろ怠けているというほうが近いかもしれない。
新年早々これじゃあいけませんよね??
気合を入れてみたりするのですが、瞬く間にしぼんでしまいます。
なんというか・・・「ゲーム」の誘惑が・・・。
この手のものにはなかなか勝てない・・・。

精進しなきゃいけないなぁ~・・・。
メリハリのある生活をしないと・・・。

それでは今日はこの辺で・・・。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

御神楽樹林

Author:御神楽樹林
○皆様の訪問・コメントに、
いつも力をもらっています。
まだまだ未熟だけど、
皆様が楽しめるようなブログを
作れるように頑張ります。
よろしくお願いします。
○現在、キリ番を受付中です。
皆様が「これだ」と感じる番号を
キリ番にしようと思います。
何かリクエストがあれば、
おこたえしようと思うので、
よろしくお願いします。

『オンラインゲーム 活動場所』
「トリックスター0」では
ファンタジアサーバーの
メロディ・アイランド
(最近は
オーロラ&ドリーム・アイランド)
ジュエリアサーバーの
レインボー・アイランドを中心に、
「レッドストーン」では
Pink Tourmalineを中心に、
駆け巡っています。
見かけたら
声をかけてもらえると
嬉しいです。

○「トリックスター0」
《ファンタジア》
ギルド『†悠久なる円舞曲†』
●御神楽樹林(龍)(マスター)
●†ノワール・ブラン†(龍)
☆ギルドメンバー、
随時募集中!!
アットホームなギルド目指して
頑張ります。
皆さんの力が必要です。
ギルド『永久の誓~Memory~』
●ルディエル(獅子)
●ラウレス(猫)
●ヴァルファス(牛)

《ジュエリア》
ギルド『たったかタヌ太郎』
●御神楽樹林(龍)
無所属
●セフィウス(獅子)
●ヴェールクラウン(兎)

○「レッドストーン」
無所属
●御神楽樹林(テイマー)

~~~~~~~~~~~~~
著作権表記
○「トリックスター0」
Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.
○「レッドストーン」
©2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
©2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
○「モンスターハンター」
(c)CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。